読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたら生活

ぐうたらな主婦が適当に書くブログ

腰椎分離症になったことがある

思い出

ちなみにJKの時にはギックリ腰もしました。病院で原因を聞かれて和式トイレにしゃがんだことしか出てこなかった悲しさ。そしてJKって初めて書いた。もしもひよこがオヤジだったならばJK散歩をしてみたかったです。絶対領域はすてきです。

何だかんだ軽くギックリはいまだにやるからナチュラルに腰を労わる動きをして周囲に怪訝な顔をされます。落ちた物を取る時はNOT前屈み、しゃがむか物に掴まって腰を固定してから屈むとか常識だろ健康体め。

 

で、そうそう腰椎分離症。他人様のブログを眺めていて思いましたが私は腰骨にヒビを入れたことがありました。

アレは確か、鬱のビッグウェーブのせいで飲まず食わずになってしまってご老人の通常歩行にも追いつけないほど壊滅的に体力が低下した後…鬱ビッグウェーブっておっそろしいんですよね記憶が残っている内に今度書いておくかな。まぁ、動けるまでに回復したから自宅から遠方すぎて退職した職場の次にと大学生時代ずっとバイトをしていた書店に戻ってから数ヶ月後。

何か腰痛いなーが徐々に、痛くてチャリ漕げなくね?に変わり、数週間後の最終状態としては歩く時の足を地面につける振動でも腰が痛いというところで病院に行きました。

ちなみにどうも体の不調と痛みに対して我慢強すぎるらしく、病院の先生以前に学生時代の体育の先生にも叱られていたタイプです。走って脈測る授業で脈拍200超えだった時は初めて教師のガチで慌てた驚愕顔を見ました。大した距離走ってないのにこんな脈でサーセン。…実は心臓弱いんだろうかひよこ。

でまぁ、病院行ったらレントゲン取られて見せられた写真が凄かった。ふっとい腰骨に綺麗にビシッと筋入ってやがった。初めて腰骨のレントゲン見た素人目にも「あ、これヒビ入ってるわ」ってやつが。

疲労骨折ですって言われても、そうですねとしか返せなかった。立ち仕事するには体力というか筋力が足りなかったですね、わかります。

で、電気かけたりストレッチされたりとか病院に通ってしていたけれど、一向に良くならないから病院を変えて、また同じく変わりばえなくて。最終的には口コミ(ネットではなくお年寄り横繋がりの)を頼りに個人の整体院に行って、そこの先生がクリティカルヒットで腕利きだったためによくなりました。

整体も色々あるようですが、バキバキではなく緩める系。足とか腕とかうにうにやって何故か腰が楽になるという魔術師でした。東洋の神秘だ。

電気は要らないけど痛め止めは必要だし、病院も病院で必要ではあるけど治すなら整体かなーと思わなくもないです。多分痛すぎて変なところに力入れているから緊張とコリを取る的な意味で。あとは自分で腹筋と背筋鍛えて自己治癒待ちひよこ。

腹筋すると腰痛いからバレエをする人のごとく姿勢を良くすることで腹筋鍛えて、背筋は両足曲げ立てて仰向けになって腰を上げて5秒停止の後、腰を下ろすのを10回くらいやる、という。これをすると下腹部引き締まるというダイエットの特典付き。お得。…通常時だとめんどくさがってやらないけど。

整体の先生元気かなぁ…。ドイツかどっかから磁気か何かの治療器取り寄せて試してみてもいいかソワソワしながら聞いてくる研究熱心な人だった…しかし磁気は効かないと思った。残念だ。